上達の考え方

 

サッカーにおいて、視野の広さというのはとても大切だ。こんな文章を書くのも少し恥ずかしくなるほどに、周りが見れているというのは大事であり、プレーの質に大きく関わってくる。

だからこそ練習から、もっと ...

未分類

 

 

よく指導者の口から

「気持ちで負けるな!」

という言葉を聞かないだろうか。筆者の経験としては育成現場で聞くことが多い気がしてる。
この言葉、精神論でし ...

上達の考え方

 

 

筆者にはトレーニングにまつわる大きな後悔がある。

それがタイトルにもある、「条件反射でプレーをしてしまったこと」である。これだけブログで理屈について考えているのに、それを ...

上達の考え方

 

筆者は現役時代、「全てのプレーが説明できるように理屈でプレーする」というテーマを持ってトレーニングを続けていた。それは筆者が戦術オタクであること、才能が無かったため直感やセンスでプレー出来なかったことなどが原 ...

自主トレ

 

日本でサッカーをしようと思ったとき、芝でプレーできる機会はどれだけあるだろうか。学校の部活であればほとんどが土の校庭、クラブチームでも芝のグラウンドを所有しているのは本当にごく一部である。結局、日常的に芝でプ ...

自主トレ

 

先日、川崎の試合を見てて思ったことがある。

「家長はボールがあってもDFが近くても全くストレスを感じていない」

この「ボール保持時のストレス」という考え方、選手の上達を考える上で非常に ...

上達の考え方

 

 

選手にとって、一番の願いは上達することだ。

もちろん筆者も現役時代、それを思いながらトレーニングに励んでいた。

だが今思うと、もっと上達することが出来たのでは ...

自主トレ

 

 

筆者が現役生活の大半をかけて克服しようとし、なお克服できなかった課題。

 

それが、

 

「前を向くプレー」

上手くなる観戦術

 

 

このブログに来て頂いた選手の皆様にお聞きしたい。

 

試合を見るとき、きっと上手くなりたいと思って見ていることがあるだろう。

  ...

上達の考え方

 

 

自分で言うのもおこがましいが、筆者は頑張る選手として高校の部活動では頑張る選手として評価されてきた。

だがそれは正しい努力とは言い難い。わかりやすい表現をすれば