中高生がサッカーの自主トレをするとき、何を考えるべきか

スポンサーリンク

サッカーの部活動に欠かせないもの、それは自主トレだ。

一般的に、サッカーの練習で集中力が保てるのは90~120分と言われている。

 

部活動の時間もちょうど、2時間程度のところが多いのではないだろうか。

もちろん下校時間等はあるが、チームトレーニング後の自主トレ、あるいは自宅に帰ってからのトレーニングは成長のために欠かせない。

 

本稿ではなぜ自主トレが上達に欠かせないか、そしてどういった考えで自主トレをするか。

自主トレに明け暮れ、それでも選手として大成しなかった筆者が、どうすれば良かったのかを考察していく。

成功者の意見とは一味違う、敗者の意見が参考になれば幸いだ。

 

 

なぜ自主トレをするのか

 

まずはここから。

なぜ、チームの練習では足りないのか。

そこにはサッカーという競技の特性が関係している。

 

①ボールを触る時間が短い

 

中高生には縁がないが、大学生以上の試合は前後半90分の計90分で行われている。

しかしその中で、一人がボールを持つ時間はわずか1~2分しかないのだ。

割合で言えば、2%ぐらいの時間しかボールを持たない。

更に試合時間が短くなる、中高生の年代であれば余計にボールに関わる時間は減ることとなる。

 

トレーニングでは11人でプレーはしないため、もう少し時間は多いはずだがそれでもゲーム形式では短い時間しかボールに触ることができない。

 

だが、選手としての評価はボールを持った時の技術が大事になる。

滅多にボールを持てないのに、持った時の技術が大事なスポーツ。

それがサッカーの特性であり、トレーニングの難しさでもある。

 

だからこそ、普段のトレーニングとは別に、技術を磨く時間が必要なのだ。

 

②チャレンジする回数が足りない

 

先ほど、プレーの中でボールを持つ時間が少ないと書いた。

これ、想像以上に上達に対して深刻な問題なのだ。

 

例えば、

 

「スピードに乗ったドリブルが苦手」

 

という欠点が自分にあったとしよう。

具体的には、スピードを上げてドリブルするとタッチが大きくなってしまう、結果ボールを奪われてしまう。

そんな選手だった場合。

 

これをトレーニングの中で直すには、スピードに乗ったドリブルをDFに対して仕掛けるということになる。

出来ないプレーに何度も挑戦するのは、誰でも思いつくことだ。

 

しかし、実際トレーニングの中でそんな状況が何回来るだろうか。

たまたまその日のチームでのメニューが1vs1多め、とかなら挑戦できるかもしれないが、そううまくいくことはない。

2時間のトレーニングでも良くて10回がいいところだろう。これでもかなり多い方だと思う。

一日に10回こなすだけでは、相当な才能が無いと解決できない。

ごく一部の天才を除き、試行回数が圧倒的に足りなくなってしまうのである。

 

そして人それぞれ、身に着けたいプレーや欠点は違う。

自分が身に着けたいプレーを試す場面が一回もないまま一日が終わる、ということはよくある。

 

つまり、チームトレーニングや試合では

 

・まずボールを持つことが少ない
・苦手なシチュエーションに滅多に出会わない
・だから、トレーニングだけでは課題を克服するのが難しい

 

という状況になっているのだ。

だからこそ、自分で時間を作って自分の課題に取り組まなくてはいけない。

 

 

自主トレの欠点とは?

 

以上のように、選手として成長するうえで自主トレは欠かせないものである。

しかし、欠点も存在する。

それが、

 

「実戦的な練習が難しい」

 

という点だ。

 

実戦的な練習と切り取った練習の差

 

普段のトレーニングは、11vs11のどこか一部分を切り取った練習である。

鳥かごもシュート練習も、5vs5のゲームも、すべて考え方は同じだ。

 

つまり実戦的かどうかで言えば、

 

実際の試合

ミニゲーム

普段の対人トレーニング

技術トレーニング(チーム)

自主トレ(個人)

 

という順番になっていく。

 

そして反復できる回数が、その逆だ。

 

 

ということは、自主トレに実戦的な要素を取り入れることが出来れば。

回数を確保しながら、実戦的なトレーニングが可能になるわけだ。

 

その点を考慮し、どのようにメニューを考えていくか、このページでアドバイスできればと思う。

 

実戦的なメニューを組むために

 

では、どうやってメニューを組んでいくのか。

大きなポイントは二つあると考えている。

 

①目的をはっきりさせる

 

まず一つ目は、どれだけ目的がはっきりしているか、という点になる。

 

よくある自主トレとして、

 

「おーい○○、ちょっとパスしようぜ」

 

という展開から対面パス、なんていうのはよくあると思う。

 

これ、個人的には全くお勧めできない。

 

自主トレをするのには、必ず理由があるはずだ。

どんなプレーが上手くなりたいのか、そこからメニューを作らなくてはならない。

サッカーに限らずどこでも起こりうることだが、

「手段の目的化」

ということは絶対に避けなくてはならない。

 

上手くなるために、自主トレをする。

その順番は守らなくてはならない。

これが守られていないと、

 

「とりあえず時間あるし自主トレするかー。
 なにしよっかな、パスでいいかな」

 

という、目的を見失った状態になってしまう。

というよりも、自主トレ自体が目的になってしまっているため、メニューや上達したかどうかが大事ではなくなってしまっているのだ。

 

これは筆者の中高時代の苦い経験であり、思い出すだけで吐き気がしてくる。

そんな思い、そして無駄な時間の浪費は、読者の皆様には絶対にしてほしくない。

 

どんなプレーが上手くなりたいか、それがきちんと考えられていれば、自然と取り組みたい自主トレも浮かび上がるはずだ。

 

 

②出来ていないことを、具体的に

 

ではシュート練習を例に考えてみよう。

 

よく見る光景としては、

パス→落とし→シュート

という、いわゆるポストシュート形式の練習。

 

しかし現実的に、試合中にこんなシーン来たことあるだろうか?

 

もちろん、

 

・ミートする感覚を養う
・カーブシュートを基礎から練習する
・逆足のシュートが全く蹴れない

 

など、難易度の低いところから始めるべき理由もある。

それも含めて、

「今自分が出来ないこと」

に具体的に取り組んでいくことが大切だ。

 

シュート練習で考えるならば、

 

・強い横パスをダイレクトで無理やりシュート
・トップスピードのまま、スピードを落とさずシュート
・切り返し後、一歩のみの助走から素早くシュート

 

というように、打つこと自体が難しいシチュエーションを思い浮かべる。

あるいは、実際に試合やトレーニングで経験して上手くできなかったシーンを思い出す。

そして、それを再現できる自主トレを考えていけばいい。

 

それが、実戦的であり、試合で使える自主トレだ。

 

終わりに

 

筆者はこの自主トレの質を高めることが出来ず、ただただ長い時間トレーニングするだけになってしまった。

その結果、全く選手として大成することが出来なかった。

 

この記事をきっかけに、皆様の自主トレの質が上がることがあれば幸いだ。

 

欠点を見つけ、あるいは長所を自覚し。

それを自主トレで改善、強化することでプレーが変化する。

 

その自分の成長は、サッカーの一番の楽しみではないだろうか。