上達の考え方

 

 

Twitterなどでも度々発言しているが、筆者は最近ゲームに本気で取り組んでいる。完全なる趣味だ。

いわゆるFPSと呼ばれる、一人称視点で銃を撃ち合うチーム対戦型のゲーム ...

上達の考え方

 

 

先日、質問箱に届いた質問がある。

 

最近、セレクションを経て社会人チームに加入しました。
セレクションの時にはFWのポジションでプレーし、 ...

上達の考え方

 

 

突然だが、皆様は「ウメハラ」という人物を知っているだろうか?

梅原 大吾(うめはら だいご、1981年5月19日 – )は、日本のプロゲーマー。ジャパン・eス ...

上達の考え方

 

 

選手を辞めるとき、「やりきった、悔いは無い」と本気でそう思っていた。だが、辞めてから自分の半生を冷静に振り返ったり、成功した人との差異を考えたり、より様々な分野の見聞を広める内に「自 ...

上達の考え方

 

 

最近考え込むテーマの一つに

「上達に有利なメンタル、性格があるのではないか」

というものがある。

こういった研究がされているのかどうか、少し調べて ...

上達の考え方

 

サッカーにおいて、視野の広さというのはとても大切だ。こんな文章を書くのも少し恥ずかしくなるほどに、周りが見れているというのは大事であり、プレーの質に大きく関わってくる。

だからこそ練習から、もっと ...

上達の考え方

 

 

筆者にはトレーニングにまつわる大きな後悔がある。

それがタイトルにもある、「条件反射でプレーをしてしまったこと」である。これだけブログで理屈について考えているのに、それを ...

上達の考え方

 

筆者は現役時代、「全てのプレーが説明できるように理屈でプレーする」というテーマを持ってトレーニングを続けていた。それは筆者が戦術オタクであること、才能が無かったため直感やセンスでプレー出来なかったことなどが原 ...

上達の考え方

 

 

選手にとって、一番の願いは上達することだ。

もちろん筆者も現役時代、それを思いながらトレーニングに励んでいた。

だが今思うと、もっと上達することが出来たのでは ...

上達の考え方

 

 

自分で言うのもおこがましいが、筆者は頑張る選手として高校の部活動では頑張る選手として評価されてきた。

だがそれは正しい努力とは言い難い。わかりやすい表現をすれば